アドバイザーとしての就職

アドバイザーとしての就職

知識を活かして専門家として働く第一歩


 社会保険労務士として就職する際、ぜひ選択肢のひとつとして考えていただきたいのが
「アドバイザーとしての就職」です。

アドバイザーとしての就職
アドバイザーとして、なんて、一体どこに求人があるの?
こんなお声をよく耳にしますが、具体的にはコンサルティング会社などを中心に、最近ではレンタルオフィスやバーチャルオフィスを運営する会社にも需要があるようです。
もっとも、はっきりと募集記事を出しているケースは稀ですから、ここではご自身の売り込みが必要となるかもしれません。
ぜひ、社会保険労務士就職先の有力候補として、積極的にアタックされてみて下さい。
もっとも、「就職」というよりは業務委託になる可能性も高いのですが、社会保険労務士としての第一歩には違いありません

 ただし、この「アドバイザーとしての就職」を目指す際には1点注意が必要です。
それは、「手続業務に携わる際には開業登録が必要になる」ということ。
もちろん、社会保険や労働保険、年金に関する一般的なアドバイスのみでしたら登録は必要ありませんが(もしくは「その他」登録でもOKですが)、社会保険労務士の独占業務となる手続の実務に携わる際にはやはり「開業」していることが必須となります。
よって、社会保険労務士の就職先として以上に、ご自身の専門分野のひとつとして「アドバイザー」を選択される意志のある方は、まずは開業登録をされることをオススメします。

 さて、アドバイザーというと、「未経験の社会保険労務士に一体何が務まるのか」と不安になる方も多いのではないでしょうか?
しかしながら、心配はご無用です。社会保険労務士試験で培った知識をベースにアドバイスすることで、一般の方には大変有益に働くケースというのは意外にも多いもの。
それだけ、社会保険労務士の関連知識は専門性が高く、しかもニーズがあるのです。
必要なのは、未経験であっても相手に不安を感じさせない態度。こちらの方が、知識以上に求められるのかもしれませんね。



関連記事

  1. 企業の人事総務として就職
  2. 他士業事務所への就職
  3. 社会保険労務士の就職の「王道」、修行のつもりで働くべし