他士業事務所への就職

他士業事務所への就職

意外とニーズあり、他ジャンルの専門家との協働


 「他士業事務所」というと、一見、社会保険労務士の就職とは関係ないようにも思えますが、実はこちらも社会保険労務士資格を活かして就職する場合の有力候補の一つであると言えます。

他ジャンルの専門家との協働
なぜ他士業事務所に社会保険労務士の就職か?といえば、それは「社会保険労務士の独占業務」が扱えるようになるからです
例えば税理士事務所の場合、税理関連の実務と社会保険・労働保険関連の手続き業務は比較的関わりの深い分野であると言えます。しかしながら、こうした手続業務に携われるのは税理士ではなく社会保険労務士ですから、税理士事務所では業務範囲の幅を広げるために意外にも社会保険労務士の就職に好意的というわけなんですね。

 「他士業事務所に就職しても、実務経験はさほど積めず雑用ばかりになってしまうのでは?」という心配もよく耳にしますが、一概にそうとは言えません。
他士業事務所であっても必要な手続きが回ってきたり、労務相談を任されたりと、活躍の場は必ずあるものです。一方で、全く関連のない業務に携わることになる可能性も否めませんが、きっとそればかりになならないはずです。

 他士業事務所の求人も、社会保険労務士同様、一般の求人サイトや情報誌、ハローワークなどで見つけることが出来ます。
「社会保険労務士事務所に就職!」と変にこだわってしまうと選択肢がぐんと狭まってしまいますが、税理士事務所や会計事務所、行政書士事務所など、社会保険労務士と関わりの深そうな士業まで視野に入れることで可能性も広がってきませんか?



関連記事

  1. 企業の人事総務として就職
  2. アドバイザーとしての就職
  3. 社会保険労務士の就職の「王道」、修行のつもりで働くべし