企業の人事総務として就職

企業の人事総務として就職

安定志向なら忘れてはならない、「勤務社労士」という選択肢

 将来的に開業を目指すつもりはないけれど、
社会保険労務士として就職してキャリアを積みたい!

そんな方にオススメなのが、「勤務社労士」としての働き方です。

企業の人事総務としての就職
勤務社労士とは、端的にいえば“その会社のために社会保険労務士の仕事を担う人”のこと。社内の人事部や総務部に属して、社会保険や労働保険の手続きに携わる働き方です。
開業との大きな違いは“会社員として雇用されていること”、さらに“その会社以外の手続き事務をしてはいけないこと”が挙げられます。

 冒頭でご紹介したとおり、勤務社労士という働き方は社会保険労務士の就職としては
収入や仕事の面で安定しており、リスクの少ない仕事の仕方である
と言えます。
社会保険労務士として働きながら、社会保険にも加入でき、賞与までいただけるケースも少なくなく、就業環境としてはまさに理想的です。
ただし、デメリットとしては「社会保険労務士の関連業務以外の仕事もしなければならない」「せっかく開業出来る資格なのに、結局会社員を抜け出せない」「資格手当が少ない」等々挙げられ、人によっては思い描いていた社会保険労務士の就職像とは少々かけ離れた姿であると言わざるを得ません。

 しかしながら、「収入を得ながら手続実務を覚えられること」、さらには「企業内部に身を置いて様々な問題や課題に直面できること」といった経験はかけがえのないものであり、今後違ったフィールドで社会保険労務士として就職、もしくは開業をする際にも必ず活きてくる経験であると思います。

 個々のビジョンによって感じ方は様々でしょうが、選択肢の一つとして
「企業の人事、総務部」の求人の中から社会保険労務士のニーズを探ってみてはいかがでしょうか?



関連記事

  1. アドバイザーとしての就職
  2. 他士業事務所への就職
  3. 社会保険労務士の就職の「王道」、修行のつもりで働くべし