社会保険労務士の就職の「王道」、修行のつもりで働くべし

社会保険労務士の就職の「王道」、修行のつもりで働くべし

社会保険労務士事務所への就職


 社会保険労務士の就職先として一番人気であり、王道なのが
「社会保険労務士事務所への就職」です。

社会保険労務士の就職スタイル
せっかく社会保険労務士の有資格者なのに同業の事務所に就職?と思われるかもしれませんが、士業においてはいたってスタンダードなパターンの就業であり、実務未経験者が実際の業務を覚え込むには最適、なおかつ最短ルートなのです。
皆さんの中にも、「社会保険労務士の資格をとったらまずはどこかの事務所で修行を積んで・・・」とお考えの方も多いのではないでしょうか?

 しかしながら、社会保険労務士事務所への就職というのはそんなに簡単なものではないことも確かです。
第一に、一般的な企業の就職と比べて「求人数が圧倒的に少ない」ことが挙げられます。
その中でさらに年齢や経験に関する要件を掲げる事務所もありますから、場合によってはさらに狭き門となってしまうケースもあるでしょう。
また、「待遇の悪さ」というのも、社会保険労務士事務所への就職を迷わせるひとつの要因となっているようです。一体どんな点が問題なのか、といえばまずは「お給料が低い」ことに始まり、意外にも「労働環境が悪い」ことも問題となっているケースも散見されます。
特に問題視されているのは「社会保険への未加入」です。ですが、社会保険労務士事務所というのはその大半が「個人事業」であり、そもそも加入の義務はありません。
法人であれば当然のことも、社会保険労務士事務所への就職に際しては該当しないこともあり得るということです。また、事務所によってはかなり多忙、ということも珍しくありません。

 このように書いてしまうと、「ひょっとして社会保険労務士事務所への就職は辞めた方が良い?」と不安になってしまうかもしれませんが、決してそうとは言い切れません。
これまでお話ししたマイナスイメージがすべての事務所に当てはまるとは限りませんし、働きやすい環境を整えている事務所はたくさんあります。
また、将来的に社会保険労務士を続けていくのであれば、一日も早く業界に身を置いて実務を学ぶのはとても大切なことです。
何かと厳しいこともあるかもしれませんが、それも将来のための投資です。
「修行」と思って、学べることはしっかり学ぶ姿勢で臨みましょう。



関連記事

  1. 企業の人事総務として就職
  2. アドバイザーとしての就職
  3. 他士業事務所への就職